愛隣館は 花巻黒ぶだう牛フェアに参加いたします

budau1 budau2
花巻市内の飲食店・宿泊施設 計11店舗が参加する
「花巻黒ぶだう牛フェア」が11月5日(土)より
開催されることとなりました。

前回のフェアでも、結びの宿 愛隣館では
ローストビーフにてご提供し、多くのお客様からご好評頂きました。

今回もフェア参加11店舗で「花巻黒ぶだう牛」を使用した、
お食事をお楽しみ頂けます。

このフェアでは、アンケートハガキにお答え頂いたお客様の中から
抽選でプレゼントも当たりますので、この機会にぜひお召し上がり下さい。

「花巻黒ぶだう牛フェア」
開催期間:平成28年11月5日(土)~12月4日(日)
・花巻市内の飲食店・宿泊施設 計11店舗が参加

愛隣館でご提供する一品料理:
「花巻黒ぶだう牛のローストビーフ」 1人前 1,620円

「花巻黒ぶだう牛」とは?:
花巻市内の黒毛和牛肥育農家で育てられており、
㈱エーデルワインの製造工程で発生する「ぶどうの搾りかす」を
飼料として給与された牛です。
このネーミングは、宮沢賢治の寓話「黒ぶだう」にちなんでおり、
2012年12月に正式デビュー致しました。

「花巻黒ぶだう牛」の基準:
○ 花巻市内の肥育農家で育成された、黒毛和種の牛肉であること
○ 株式会社エーデルワインが製造したぶどうの搾りかす飼料を、
肥育期間中に「日量300g以上、3カ月以上」給与したものであること
○ 枝肉格付で3等級以上であること

ぶどうの搾りかす が肉質に与える影響:
搾りかすを肥育牛へ与えたことで、脂肪交雑の上昇や
オレイン酸などの不飽和脂肪酸が増加傾向を示すなど、
肉質に良い影響を与えていると言われています。

黒ぶだう の物語:
「花巻黒ぶだう牛」のネーミングの元となった
宮沢賢治の寓話「黒ぶだう」は生前未発表の作品です。
この寓話は、赤狐に誘われた仔牛が、留守の人間の別荘に入り込み、
勝手に「黒ぶだう」を食べていたところに住人の侯爵一行が帰宅し、
逃げ遅れた仔牛は見つかってしまうが怒られもせず、逆に黄色い
リボンを結んでもらうというものです。
物語の中で、赤狐はぶだうの汁ばかりを吸って他は全部吐き出しますが、
仔牛は「うん、大へんおいしいよ」と種まで噛み砕いて食べてしまいます。

宮沢賢治は、当時からぶどうの搾りかす(皮と種)が家畜の餌として
使えることに気づいていたのかもしれません。
■—————————————————————-■
岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館
代表取締役社長 清水隆太郎
PC http://www.airinkan.com
モバイル http://www.airinkan.com/s/

住所 岩手県 花巻市 鉛 西鉛 23
電話番号 0198-25-2619
■—————————————————————-■

カテゴリー: お料理   パーマリンク