「つるし雛」の紹介

投稿日:

愛隣館では、花巻市石鳥谷町「八日市のつるし雛同好会」様よりつるし雛をお借りし、
4Fロビーをはじめ、各所で色とりどりの愛らしいつるし雛を展示しています。

 

端午の節句に合わせ、
五月人形と一緒に男の子の健やかな成長を願ったつるし雛が飾られています。


 

つるし雛の人形にはそれぞれ意味があり、
いくつかご紹介させていただきます。

 


【三番叟】
・五穀豊穣祈願やお祝いの場などでみられる舞のこと
⇒「食べ物に困らず、元気に育ちますように」という願いが込められている

【でんでん太鼓】
・子守の道具
⇒「よく眠れるように」という願いが込められている

【春駒】
・昔の遊び道具
⇒「元気に遊べる子になるように」という願いが込められている

 

 


【うさぎ】
・赤い目に魔除け効果があると言われる
⇒「病気や災いから身を守るように」という願いが込められている

 

ほんの一部のみご紹介させていただきました。


他にもたくさんの人形が飾られていますので
ぜひ、ご宿泊や日帰り入浴でのご利用の際には
願いが込められているつるし雛をご覧いただければと思います。

■—————————————————————-■
岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館
代表取締役社長 清水隆太郎

https://www.airinkan.com

住所 岩手県 花巻市 鉛 西鉛 23
電話番号 0198-25-2619
■—————————————————————-■

人気温泉旅館ホテル250選・5つ星の宿 認定

投稿日:


結びの宿 愛隣館 は、観光経済新聞社 主催、
2021年度「人気温泉旅館ホテル250選・5つ星の宿」の認定を本年も頂くことができました。

 

本当に本当にありがとうございます。
多くのお客様、旅行業者様にご評価いただけたことが、この認定につながりました。

 

また来年も受賞頂けるよう、スタッフ一同努めて参ります。
今後とも 花巻温泉郷 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館 を宜しくお願い致します。

 

【2021年版「人気温泉旅館ホテル250選・5つ星の宿」】
(株)観光経済新聞社主催。
「人気温泉旅館ホテル250選」は、観光経済新聞社が「にっぽんの温泉100選」とともに
毎年開催している温泉地の旅館・ホテルの人気投票です。

 

1年に1度実施され専用投票ハガキを全国の旅行会社社員など旅のプロたちに配布し、
自らが薦める温泉旅館・ホテルを投票してもらい、集計の上、上位250軒を決定しています。

 

250選に通算5回以上入選し、かつ今年度の250選に入ったお宿が「5つ星の宿」です。

■—————————————————————-■
岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館
代表取締役社長 清水隆太郎

https://www.airinkan.com

住所 岩手県 花巻市 鉛 西鉛 23
電話番号 0198-25-2619
■—————————————————————-■

はなまき朝ごはんプロジェクト 第61弾「しいたけ」

投稿日:

 

ご宿泊いただいたお客様よりご好評いただいている
「はなまき朝ごはんプロジェクト 第61弾」が4月より始まりました。
>>> https://asagohan-hanamaki.com/

 

◎はなまき朝ごはんプロジェクトとは?
花巻温泉郷の3軒の温泉宿の仲良し若旦那で集まり、
「はなまき朝ごはんプロジェクト」は2014年7月スタートしました。
現在は、3軒の宿で活動しています。
花巻の観光PRに農業という側面から、魅力を発信していこうというプロジェクトです。
旅館と農家が一緒になって、花巻の魅力発信に挑戦していきます。

 

◎はなまき朝ごはんプロジェクトの定義
・花巻産ひとめぼれを使用。
・花巻産の野菜1つを共通食材として、素材の特徴を活かした朝食のおかずを提供する

 

◎主な活動
1. 花巻産野菜を使った朝ごはんの提供
こだわり野菜のお料理を生産農家さんのストーリーと共に、目に見える形で提供します。
素敵な農家さんがいることを宿泊客に伝えることで、花巻の魅力を発信していきます。

2. 野菜の販売
おいしい朝ごはんのおかずを食べたら、
そのこだわり野菜を自宅用に購入して帰れるように、野菜の販売を始めています

3. 花巻産野菜を使ったお土産品の開発
花巻産野菜を使ってお土産を開発し、旅館で販売しています。
地元産の野菜の加工品をお土産に買って帰ることで、花巻の魅力発信に役立てます。

4. 農業体験プログラムの販売
野菜の収穫や農家さんとの語らいを通じて、
農業を身近に感じ「また花巻に来たい」と思ってほしい。
そんな思いから、農業体験プログラムを農家さんに実施してもらい、
旅館もPRに協力しています。

 

◎どうして朝ごはんなの?
旅館の夕食が華やかで品数が多く、お酒など飲み物を楽しむのもだとしたら、
朝食は料理の素材や味わいをゆっくり楽しむことができるひとときです。
旅の記憶に最も残る食事は、宿を発つ日の朝食ではないでしょうか?

 

◎なぜ、農業との連携なのか?
農業と観光は、似た者同士の産業です。
農業は「その土地の採れたて野菜は、その土地に来なければ本物を味わえない。」
観光は「その土地の生活の礎たる文化や歴史は、その土地に来なければ本物を体験できない。」
その土地に来なければ、本物の体験を味わえないという共通点の存在が、
似た者同士という意味です。
この共通点を生かし、花巻の魅力の発信に繋げていこうというプロジェクトです。

◎2022年春の食材 しいたけ
・生産者 阿部 貴広 さん(花巻市葛)
・提供予定期間:2022年4月上旬より
・収穫の状況により、ご提供できない場合がございます。

※また、数量に限りがございます。ご了承ください。

 

◎しいたけの味噌揚げ浸し

肉厚のしいたけを味噌、砂糖、出汁、しょうゆ、みりんで
甘じょっぱく煮込みました。油揚げ、長葱には味が染み込み、
しいたけ本来の旨味も感じられる懐かしい味わいの一品です。
ぜひ、熱々のごはんと合わせてお楽しみください。

 

◎参加温泉宿:

・鉛温泉 藤三旅館(若旦那:藤井大斗)
https://www.namari-onsen.co.jp/

・新鉛温泉 結びの宿 愛隣館(若旦那:清水隆太郎)
https://www.airinkan.com

・台温泉 松田屋旅館(若旦那:松田忠)
http://www.show-un.com/

◎詳しくは公式HPへ
https://asagohan-hanamaki.com/

 

■—————————————————————-■
岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館
代表取締役社長 清水隆太郎

https://www.airinkan.com

住所 岩手県 花巻市 鉛 西鉛 23
電話番号 0198-25-2619
■—————————————————————-■