IAT 岩手朝日テレビ「いいコト!」で、当館人気の追加料理が登場!!(2021年1月30日放映)

投稿日:

1月30日(土)放送
IAT 岩手朝日テレビ(地デジ 5ch)「いいコト!」9時30分~
特集「今年は丑年!モーっと知りたい!岩手のブランド牛」にて愛隣館が登場!!

「よしもと住みます芸人」のアンダーエイジさんが来館!!
「お部屋食」で当館人気の追加料理【花巻黒ぶだう牛のローストビーフ】を実食。
昨年リニューアルの「山の湯」の「寝湯」も入浴しました。

【花巻黒ぶだう牛】とは、花巻で飼育され
㈱エーデルワインのワイン製造工程で発生する「ぶどうの搾りかす」を肥料として
給与された、生産頭数が限られた貴重な黒毛和種です。

 

放送記念としまして、2月3月宿泊感謝企画、
【花巻黒ぶだう牛のランプステーキ】通常2,200円(税込)を2,000円(税込)で販売!!
※貴重入荷の為、1日10皿のみ

 

他に、【花巻黒ぶだう牛のローストビーフ】1,650円(税込)
エーデルワインのハーフボトルとセットで700円お得!!
【花巻黒ぶどう牛セット】2,750円(税込)を用意してご宿泊をお待ちしております。

 

■—————————————————————-■
岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館
代表取締役社長 清水隆太郎

https://www.airinkan.com

住所 岩手県 花巻市 鉛 西鉛 23
電話番号 0198-25-2619
■—————————————————————-■

愛隣館に泊まって花巻物産応援キャンペーンに応募しよう!!

投稿日:

花巻物産応援キャンペーンとして、
1月8日よりマスクケースの配布を開始いたしました。

愛隣館に泊まって、花巻の物産品を当てよう!!

 

花巻市内対象施設に宿泊された方の中から、
抽選で1,000名に花巻市物産品をプレゼント!
花巻自慢の品々をぜひご家庭でもお楽しみください。

詳細URL
https://www.kanko-hanamaki.ne.jp/special/bussan_campaign/index.html

 

応募期間
2021年1月8日(金) ~ 2月28日(日)

 

応募方法
STEP1 愛隣館に宿泊

STEP2 チェックイン時に配布するマスクケースに記載されたQRコードを読み取って

STEP3 必要事項を入力

STEP4 送信して応募完了!

 

※1枚につき1名様までご応募できます。
※抽選は3回に分けて行います。
※当選につきましては、発送をもってかえさせていただきます。

 

■—————————————————————-■
岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館
代表取締役社長 清水隆太郎

https://www.airinkan.com

住所 岩手県 花巻市 鉛 西鉛 23
電話番号 0198-25-2619
■—————————————————————-■

【3密回避】スマホで大浴場の混雑状況が確認できます。

投稿日:

結びの宿 愛隣館では、
お部屋の「大浴場 営業時間のご案内」に記載の二次元コードを
スマートフォンで読み取っていただくことで
大浴場の混雑状況をリアルタイムにご確認いただけます。
※ 3つの大浴場「山の湯」「森の湯」「川の湯」

 

●大浴場 その他コロナ対策

・脱衣棚は1/2程度に減らさせていただきます。
・一部、間仕切りのない洗い場は1/2程度に減らさせていただきます。(森の湯)
・サウナのご利用は定員の1/2にさせていただきます。(山の湯)(森の湯)
・マスクを着用していない際の会話は極力お控えください。
・浴室内や脱衣場の備品等は定期的に殺菌消毒いたします。
・ドライヤーやアメニティ類は設置しており、定期的な殺菌消毒しております。
ご不安であればご持参いただきますようお願いいたします。

 

混雑している時間帯をできる限り避けて、
愛隣館自慢の温泉をお楽しみください。

代表取締役社長 清水隆太郎

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うホテルの取り組みにつきましては
公式ホームページ、もしくは下記よりご確認をお願いいたします。

◎ 新型コロナウイルス対策、旅館として今できる最善の取り組みを実施
>>> https://www.airinkan.com/blog/?p=13453

 

■—————————————————————-■
岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館
代表取締役社長 清水隆太郎

https://www.airinkan.com

住所 岩手県 花巻市 鉛 西鉛 23
電話番号 0198-25-2619
■—————————————————————-■

はなまき朝ごはんプロジェクト 第53弾!

投稿日:

 

ご宿泊いただいたお客様よりご好評いただいている
「はなまき朝ごはんプロジェクト 第53弾」が1月より始まりました。

>>> https://asagohan-hanamaki.com/

 

◎はなまき朝ごはんプロジェクトとは?
花巻温泉郷の3軒の温泉宿の仲良し若旦那で集まり、
「はなまき朝ごはんプロジェクト」は2014年7月スタートしました。
現在は、4軒の宿で活動しています。
花巻の観光PRに農業という側面から、魅力を発信していこうというプロジェクトです。
旅館と農家が一緒になって、花巻の魅力発信に挑戦していきます。

 

◎はなまき朝ごはんプロジェクトの定義
・花巻産ひとめぼれを使用。
・花巻産の野菜1つを共通食材として、素材の特徴を活かした朝食のおかずを提供する

 

◎主な活動
1. 花巻産野菜を使った朝ごはんの提供
こだわり野菜のお料理を生産農家さんのストーリーと共に、目に見える形で提供します。
素敵な農家さんがいることを宿泊客に伝えることで、花巻の魅力を発信していきます。

2. 野菜の販売
おいしい朝ごはんのおかずを食べたら、
そのこだわり野菜を自宅用に購入して帰れるように、野菜の販売を始めています

3. 花巻産野菜を使ったお土産品の開発
花巻産野菜を使ってお土産を開発し、旅館で販売しています。
地元産の野菜の加工品をお土産に買って帰ることで、花巻の魅力発信に役立てます。

4. 農業体験プログラムの販売
野菜の収穫や農家さんとの語らいを通じて、
農業を身近に感じ「また花巻に来たい」と思ってほしい。
そんな思いから、農業体験プログラムを農家さんに実施してもらい、
旅館もPRに協力しています。

 

◎どうして朝ごはんなの?
旅館の夕食が華やかで品数が多く、お酒など飲み物を楽しむのもだとしたら、
朝食は料理の素材や味わいをゆっくり楽しむことができるひとときです。
旅の記憶に最も残る食事は、宿を発つ日の朝食ではないでしょうか?

 

◎なぜ、農業との連携なのか?
農業と観光は、似た者同士の産業です。
農業は「その土地の採れたて野菜は、その土地に来なければ本物を味わえない。」
観光は「その土地の生活の礎たる文化や歴史は、その土地に来なければ本物を体験できない。」
その土地に来なければ、本物の体験を味わえないという共通点の存在が、
似た者同士という意味です。
この共通点を生かし、花巻の魅力の発信に繋げていこうというプロジェクトです。

◎2021年晩冬の食材 寒じめほうれん草
・生産者 照井 健二さん(岩手県花巻市似内)
・提供予定期間:2021年1月上旬より
・収穫の状況により、ご提供できない場合がございます。

※また、数量に限りがございます。ご了承ください。

 

 

◎寒締めほうれん草のフリッタータ

強い甘みがある寒締めほうれん草を卵とチーズを一緒絡め、
石釜でふんわりと焼き上げた朝食ビュッフェの人気メニューです。
ふわふわの卵の優しい味わいと、厚みのある寒締めほうれん草の食感を
お楽しみいただけます。是非一度ご賞味くださいませ。

 

◎参加温泉宿:
・志戸平温泉 湯の杜ホテル志戸平(若旦那:久保田龍介)
https://www.shidotaira.co.jp/

・鉛温泉 藤三旅館(若旦那:藤井大斗)
https://www.namari-onsen.co.jp/

・新鉛温泉 結びの宿 愛隣館(若旦那:清水隆太郎)
https://www.airinkan.com

・台温泉 松田屋旅館(若旦那:松田忠)
http://www.show-un.com/

◎詳しくは公式HPへ
https://asagohan-hanamaki.com/

 

■—————————————————————-■
岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館
代表取締役社長 清水隆太郎

https://www.airinkan.com

住所 岩手県 花巻市 鉛 西鉛 23
電話番号 0198-25-2619
■—————————————————————-■

新年あけましておめでとうございます

投稿日:

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

愛隣館では元日からの3日間
朝食会場では 7時45分、8時45分 より
ロビーでは 9時45分より
琴演奏をお楽しみいただいております。

また、1階・4階 花かんむりエレベーター前には
正月飾りを設置しております。

今年度も愛隣館をよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 清水 隆太郎

 

■—————————————————————-■
岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館
代表取締役社長 清水隆太郎

https://www.airinkan.com

住所 岩手県 花巻市 鉛 西鉛 23
電話番号 0198-25-2619
■—————————————————————-■